1
一月

瑞雪盈霑 梅櫻伴綻

作者 : 雅帆   在 國際視野 A Global View

日本首相福田康夫 (Fukuda Yasuo) 自2007年9月就任後,立即組織一個龐大七十多人的訪問團,於2007年12月27至30日出訪中國,亦是他上任後第一個出訪的亞洲國家,明確顯示他對中國和中日關係的重視。這是繼2006年前日相安倍晉三的「破冰之旅」,及2007年4月中國總理溫家寶的「融冰之旅」後,另一次被稱為「迎春之旅」的中日領導互訪。

福田首相這次四天訪華內容充實豐富,涵蓋政治、經濟、文化三大領域,主要行程包括:二十八日與中國國家主席胡錦濤、全國人大常委會委員長吳邦國及總理溫家寶分別會晤,就雙方共同關心的重要問題會談;並透過在北京大學發表演講,與廣大中國青年、學生進行溝通;二十九日與溫家寶共同出席中日民間友好團體舉行的早餐會,之後前往天津開發區訪問,顯示日本政府繼續支持中國改革開放、推進兩國經濟合作的姿態;三十日到山東曲阜參觀孔廟,體現洗滌精神心靈的文化旅程。

雅帆特別留意行程其中兩項民間訪問的深層意義,即北大演講和參觀孔廟。這次北大演講,是自1997年當時首相橋本龍太郎的演講後,十年來日本首相首次再在中國進行演講,中國政府特意安排中央電視台現場直接轉播,讓中國及世界各地人民,都可通過電視即時收看本次演講的實況,福田首相這次演講可謂不容有失。

另外,福田和夫人貴代子參觀孔廟,據說並非在中方安排行程之內,卻是由日方主動提出。福田曾表示從中國傳入的儒教、佛教和日本的神道教思想,是建構日本文明的基本要素,對日本文化有深遠影響。山東省曲阜是孔子的故鄉,也是儒教聖地,孔廟更是聯合國教科文組織認定的「世界文化遺產」。福田首相認為要開展外交,必須瞭解對方國家的歷史文化及雙方的交流歷史,故此希望透過訪問曲阜孔廟,為日本文化追根溯源,並表達今後加強中日文化交流的意願。

綜合這次「迎春之旅」的成果,中國方面,溫總理在與福田會晤後,向記者表示:「我們在會談中,開始規劃未來,包括高層往來,經貿合作,防務合作,地區和國際事務交流與磋商。我們進一步豐富了中日戰略互惠關係的內涵,而且都決心完善中日經濟高層對話機制,並以此來帶動經貿合作。我們都把人文合作放在突出的位置。總之,昨天的會談,成果是豐碩的。」

日本方面,福田首相在總結此行時向記者說:「這是一次內容充實的訪問。如果沒有相互合作關係,對地區、對全世界而言絕非有益」。他強調建立良好日中關係的重要性,明年是《日中和平友好條約》締結三十周年,希望使之成為「日中關係飛躍發展元年」;他又強調市民層面交流的必要性:「為此,日中兩國國民之間有必要加深相互理解」;並透露雙方已決定將明年定為「日中青少年友好交流年」,希望通過各個層次的交流,促進日中關係的飛躍發展。福田進一步表示,他在與胡錦濤等中國領導人的會談中,已就發展日中關係取得共識:「在此認識的基礎上,今後將具體考慮彼此可在那些領域進行合作」。他又補充雙方同意擴大在環境和科學技術領域的合作,以體現構築戰略互惠關係。

話說回來,福田首相於12月28日下午在北京大學發表題為《共創未來》的演講,他首先對溫總理上次「融冰之旅」在日本議會演講時所提出 —「以史為鑒,不是要延續仇恨,而是為了更好地開闢未來」— 作出正面回應:「我以嚴肅的心情接受溫總理的這番話,我認為在漫長的歷史長河中,儘管有過這樣那樣不幸的時期,但是我們有責任和義務不折不扣地去正視它,並傳給子孫後代。」 (註:溫總理演講全文見網誌24〈櫻花開處 溶冰知時〉。)

他繼續表示日本需要反省過往的錯誤:「還必須對自己的錯誤進行反省,以及帶著顧及被害者感情的謙虛,祇有認真的看待過去,並且勇敢而明智地反省該反省之處,才能避免過去重蹈覆輒的錯誤。」

他承認發展日中良好關係的前路仍然是困難重重:「然而,事實上,由於相互理解和相互信賴還不夠深,不論在日本還是在中國都有不少人曾經感到,為什麼對方不理解我們的感情,這種不滿的情緒。必須指出,不顧日中關係的歷史及其淵源,尤其是不顧我們所處的國際形勢的巨大潮流等,缺乏大局觀念,以及任由感情用事都是非常危險的。針對這些課題,重要的是我們應當坦誠相見,加深相互理解,互相承認差異,了解對方的真實面貌。」

他進一步指出發展戰略互惠關係的重要:「我認為,雙方不應該迷失共有的目標,而且應該保持尋求共同解決途徑的姿態。為了充分利用互相能夠加深對話的巨大機遇來克服困難,日中兩國力求共同承擔重要責任的關係乃是戰略互惠關係。」他繼而闡釋構成其核心的三大支柱,即互利合作、國際貢獻、相互理解和相互信賴。

他又提出日中之間推進知識交流也是非常重要,並推介其「北京大學福田方案」,旨在加強北京大學對日交流:「期望肩負中國未來的同學們多了解日本,多學一點有關日本的知識。」他續向北大學生表示:「非常期望使大家中間能夠有更多的同學走上研究日本之路。」

回顧2007年,中日兩國領導同為改善中日關係做了許多功夫,彼此釋出善意,坦誠面對問題,透過交換意見及公開交待,清晰地向中日兩國人民闡釋了兩國政府對推進中日關係穩定發展,所採取的相互諒解和信任態度;並明確地指出了兩國人民應該透過瞭解對方國家的歷史文化及雙方的交流歷史,去開拓中日關係的新路向。這種態度和路向,正是創制《海遠網誌》所倡導的宗旨。

相對於溫總理上次在日本議會苦心孤詣的演講,福田首相這次北大演講也是深思熟慮,同見真章,雅帆認為這篇演辭亦非常值得每一位中日人民細讀。以下輯錄福田首相在北大演講全文,與及和北大學生的對話,供各讀者參閱 –

日本首相福田康夫北京大學演講會致辭全文

尊敬的唐家璇國務委員,尊敬的許智宏北京大學校長,在座的各位朋友們!在新年即將來臨之際,福田到了,就是“福”到了。今天我有機會在歷史悠久的北京大學同肩負中國未來重任的同學們進行交流,感到十分榮幸。北京大學作為中國的最高學府,教育水準之高為世界所公認,並且還有許多日本留學生在這裡學習。另外,還令人高興的是,聽說我的母校早稻田大學同北京大學之間有著長期活躍的交流。我希望將成為明天中國棟樑的同學們能夠進一步加深對日本的了解,學習有關日本的情況,我想借此機會提出一些有助於加強北京大學對日本的研究和對日交流的方案,有關其內容我一會兒再做詳細介紹。

下面,我希望佔用大家的一點時間,就日本和中國的關係,把我日常的一些想法向各位做個介紹。

這次我訪問中國的目的在於,進一步鞏固自去年秋天以來,以強有力的步伐發展起來的日中關係的根基,並將這一關係提高到新的層次。日中關係除了和平友好之外,而別無其他選擇。在這一《日中和平友好條約》締結時的理念,超越時間,作為日中友好的根本而生生不息!自從締結《日中和平友好條約》以來已經30年了,日中兩國在政治、經濟等領域獲得了作為世界主要國家的地位,兩國在歷史上從來沒有像今天這樣有力量能夠為亞洲及世界的穩定與發展作出貢獻。

日中兩國面臨著前所未有的如此機遇時,通過這次訪華,我要向所有的中國朋友們表明的是,日中兩國理應成為建設亞洲及世界美好未來的創造性夥伴!這樣一種我的堅定的信念!

在這次來訪之前,我有機會在東京和中國媒體代表團進行了會見。當時我指出,而今的日中關係正在迎來第二個春天。因為我已經在兩國到處都能看得到期待構築嶄新日中關係的願望的萌芽。這次我的來訪可以說是迎春之旅。我知道中國有句話“梅花和櫻花常常相伴著開放”。我認為,這次讓梅花綻放能夠共用春天的爛漫,盛開的櫻花。我想以胡錦濤國家主席為首的中國領導以及兩國人民一起為此作出努力。

同學們,你們怎麼看待同隔海相望的鄰邦,同有著兩千年歷史的鄰邦日本和中國的關係呢?溫家寶總理在今年4月訪日的時候在我國國會上表示,強調“以史為鑒,不是要延續仇恨,而是為了更好地開闢未來”。我以嚴肅的心情接受溫總理的這番話,我認為在漫長的歷史長河中,儘管有過這樣那樣不幸的時期,但是我們有責任和義務不折不扣地去正視它,並傳給子孫後代。

戰後,作為自由民主國家而獲得新生的我國一貫走和平國家的道路,並致力於同國際社會的合作,我覺得,這是值得自豪的。但是我認為,在感覺這種自豪的同時,還必須對自己的錯誤進行反省,以及帶著顧及被害者感情的謙虛,只有認真的看待過去,並且勇敢而明智地反省該反省之處,才能避免過去重蹈覆輒的錯誤。同時,在縱觀日中漫長歷史時,我們不應該忽略雙方之間更加悠久的成果豐碩的交流。從歷史性的邦交正常化之際已經經歷了一代人的兩國。伴隨國際形勢的風雲變幻,也發生著巨大的變化。

在此背景下,我們應該將如何把握我們之間的關係,又應該如何去建設它呢?中國自1978年實行改革開放政策以來,大刀闊斧地改革國內制度,同時積極推進對外開放,並於2001年加入了世貿組織。目前,已經成為GDP和貿易額分別名列世界第四和第三的國際經濟中的主要成員。中國經濟的飛躍發展不僅給日本,而且給亞洲及世界帶來了很大的利益。在政治方面,中國更進一步提高了在國際社會中的存在感和影響力,並就地區乃至世界的廣泛課題給予關注、採取行動並發言。

另一方面,我國為發展經濟和改善民生作出了努力,並取得了成果。在此過程中,雖然先後經歷了長期經濟增長時期和泡沫經濟的破滅,但日本經濟具有牢固的基礎,依然保持著僅次於美國的經濟規模。在政治方面,我們正在以比以往更多的向國際社會明確自己的主張,更為積極地開展國際合作。

日中兩國在各自的發展過程中相互加強各種交流與合作,構築起了比以往任何時候都更加緊密的關係。借用作為總理致力締結《日中和平友好條約》的我的父親福田赳夫的話來說,就是《日中聯合聲明》在兩國之間架起了一座吊橋,而《日中和平友好條約》又使它變成了一座鐵橋。從那時候起,許許多多的兩國國民走過這座日中之間的橋樑。如今,每年雙方的往來已經達到近500萬人次。

在經濟方面,當前雙邊的年貿易額已經超過了兩千億美元,而且日本是最大的對華投資國。明年是“日中青少年友好交流年”,也是人們期盼的北京奧運會之年,我願進一步促進日中交流的這一勢頭,使《日中和平友好條約》締結30週年的2008年,成為日中關係飛躍的元年。

另一方面,在縱覽世界潮流及時代大局之時,日中兩國絕不能僅僅滿足於相互友好的現狀。正如大家所親身感受到的那樣,當今日中兩國已經成為影響變化顯著的亞洲地區乃至世界的穩定發展方向的存在,全世界都在關注和期待著我們。我認為,日中兩國的未來不是選擇合作還是對立的問題,而是如何尋求有效的、負責任的方式開展合作的問題。從這個意義上來說,構築戰略互惠關係恰恰是時代潮流對我們的要求。

在認清這一時代潮流和世界潮流的同時,日中兩國應該正視彼此政治、經濟的重要性,並且為解決地區和國際社會的諸多課題而探討如何進行合作。《易經》中有句話說“利則對”(應為「麗澤,兌」;詳見附註),我想如果使日中兩個池中的水流相連,給周邊帶來滋潤的話就更好了。如此,日中兩國以具有為亞洲及世界的穩定發展作出的貢獻的能力,這對兩國而言是一個極大的機遇。

兩國在許多問題上有著共同的利益,而且共同的目標和準則也在逐漸增加。這也可以說,是在利用這一機遇上發生了重要變化。不必說履行世貿組織的國際標準、經濟標準,只要雙方都能夠履行提高透明度、完成解釋責任等政府應當承擔的國際義務,那麼對話與合作就會得到不斷的加強。另一方面,兩國之間仍然存在著有待克服的課題。在日中這樣的兩個大國之間,在所有問題上都取得一致的看法及立場是不可能的,冷靜的討論和對待分歧是不可或缺的。

然而,事實上,由於相互理解和相互信賴還不夠深,不論在日本還是在中國都有不少人曾經感到,為什麼對方不理解我們的感情,這種不滿的情緒。必須指出,不顧日中關係的歷史及其淵源,尤其是不顧我們所處的國際形勢的巨大潮流等,缺乏大局觀念,以及任由感情用事都是非常危險的。針對這些課題,重要的是我們應當坦誠相見,加深相互理解,互相承認差異,了解對方的真實面貌。

古話說“知之為知,不知為不知,是知也”,我們一定要在這個基礎上,把眼光放在兩國之間所存在的共同利益,並且努力使其擴大。我認為,雙方不應該迷失共有的目標,而且應該保持尋求共同解決途徑的姿態。為了充分利用互相能夠加深對話的巨大機遇來克服困難,日中兩國力求共同承擔重要責任的關係乃是戰略互惠關係。

下面我來談談構成其核心的三大支柱,即互利合作、國際貢獻、相互理解和相互信賴。

首先是互利合作。戰略互惠關係的第一個支柱是互利合作。在日中兩國相互依存關係日益加深的今天,中國的順利發展是關係到日本發展的重要問題。本著這種觀點,在過去三十年裏,對中國所致力的改革開放,日本一直是官民並舉地提供政府開發援助等一系列的資源與合作。另外對待中國加入世貿組織問題上,日本政府很早就表示了支援。那是因為日本國民堅信,支援中國推進改革開放的努力,不僅有利於中國的未來,而且也有利於日本,乃至亞洲及世界的正確選擇。

2008年,是中國實行改革開放政策30週年,是值得紀念的年份。能在這樣的一年舉辦北京奧運會,意味著中國已經進入了嶄新發展階段,具有象徵性的意義。我對此表示衷心的祝賀,並且深切地期待奧運會獲得圓滿成功!然而在中國,正像日前“十七大”也指出的那樣,伴隨著經濟的飛速發展,一部分負面問題也顯現出來。比如人們經常提到的環境惡化,沿海地區與內陸地區的差距擴大等等問題。關於環境問題,日本在70年代有過慘痛的經歷。在日本經濟取得高速發展過程中,發生了諸如水俁病、疼痛病、四日市喘哮病、足尾礦毒等被稱作四大公害的問題,成為深刻的社會問題。幾乎在同一時期,日本還遭遇了石油危機,迫使國家認真採取節約能源的措施。我國雖然被稱為比社會主義國家還要社會主義的平等社會,但是隨著全球化的進展,最近收入差距的問題也變得逐漸嚴重。今天溫家寶總理告訴我,為了應對這些問題,中國目前在貫徹科學發展觀,在這個過程當中對實現和諧社會的目標抱有堅定的信心。今後我們願意在同中方協商的基礎上,把合作重點從支援改革開放轉到協助實現和諧社會方面,這樣做將促進中國穩定和發展。對作為朋友和鄰邦的日本來說,也是很可喜的事。

在此方面,我認為尤其重要的領域是環保和節能的領域。關於日本所經歷的公害及其對策等,我們願意把成功的經驗和失敗的教訓拿出來,供中國國民參考。目前,日本擁有國際領先水準的節能技術,我在今天的首腦會臺上提議,為了推動日中雙方的環境合作,在中國國內建立起以資訊傳遞及網路化為目的的日中環境資訊平臺,以及節能環保合作諮詢中心,並得到了中方的贊同。我們還準備用三年時間開展一萬人規模的環保和節能方面的培訓,邀請大批中國的專家和在一線工作的工作人員到日本分享我們的經驗。

此外,為了發展互利合作,必須加強對知識產權的保護,這絕不是日中對立的課題,而是關係到兩國發展的日中合作的課題。特別是為了保障經濟的健康發展,維護民眾的安全,讓民眾放心,在加強打擊假冒產品盜版的措施方面日中兩國有必要通過合作加以有效的應對,為了擔負起在國際社會中應有的責任和義務,需要官方和民間攜起手來發揮主體作用,顯示出作為國家積極保護知識產權的姿態。

日前,在北京召開了由日中相關部長出席的首次日中經濟高層對話,雙方在環境保護、知識產權保護以及貿易、投資、經濟等領域開展了富有成效的對話。我希望在互利合作的精神下,進一步推進此類對話,並深切地期待今後通過對話使日中間的合作逐一具體落實。

其次,戰略互惠關係的第二個支柱是國際貢獻。我們都知道,在無國界的時代裏,人與人、物資、資金、資訊等一切都能夠輕易地跨過國界。這不僅帶來發展與合作的機會,而且也帶來金融危機連鎖反應,傳染病擴散等諸多風險。為此,日中兩國政府必須攜手擴大機遇,抑制風險。對此,兩國不應只埋頭于狹義的日中關係的運營之中,還應該把目光拓展到兩國關係地平線的彼岸,順應世界潮流,為亞洲乃至世界的穩定與發展進行合作。

在此,把我的幾點考慮介紹給大家。

首先,我想講一下與恐怖鬥爭的問題。昨天,巴基斯坦前首相貝布托遇襲身亡,任何理由都不能使恐怖活動正當化。強烈譴責這卑鄙行為的同時,對貝布托及遇難者表示哀悼。對包括日中在內的國際社會來說,反恐鬥爭是共同的課題,我希望在這個領域裏面,日中進一步推進合作。

下面我講一下氣候變化問題。氣候變化已成為國際社會所面臨的最重要的課題,這也是關係到我們如何誠懇地對子孫後代負起責任的問題。在日中雙方相互理解對方立場的前提下,兩國應該作為負責任的主要國家,為問題的解決而互相合作,盡最大的努力。我願在此強調為了解決這一問題,當今國際社會的重要成員的中國積極參與國際氣候變化框架是不可或缺的。此外,在考慮到東北亞的和平與安全時,最迫切課題是有關北韓的問題。儘管我們對最近在北韓半島無核化進程中取得一定進展給予評價,但是能否進一步推進這一進程,以更加鞏固東北亞的和平與穩定,目前正處於重要的關口。此外,我們還希望在解決無核化問題的同時,要解決綁架和導彈等問題,清算不幸的過去,進而實現與北韓的關係正常化。我準備為此繼續加強日朝對話,並為此同作為六方會談的東道國,發揮重要作用的中國,繼續保持更加緊密的聯繫與合作。作為涉及到國際社會和平及安全的問題,還可以提出,包括安理會在內的聯合國改革事宜,特別是為適應戰後六十多年來的國際社會變遷,改革安理會使其有效的擔負起日益重大的作用,這是整個國際社會所面對的課題。我希望,在這方面也一定要加強對話,通過日中合作推動改革向前發展。當前,非洲仍然面臨著非常嚴酷的現實。在撒哈拉以南的非洲地區,由於疾病、營養不良等原因,每千名兒童中就有166名在5歲前喪生。明年5月,為了討論非洲開發的戰略及具體的措施,以“奔向欣欣向榮的非洲”為主題,日本政府將在橫濱舉辦“第四屆非洲開發會議”。

據了解,中國已在開發廣大非洲方面開始進行對話。為此,我認為,如果日中兩國能夠攜手開展幫助非洲持續發展、救助貧困的合作的話,那將是很有意義的事情。我希望,一定能夠實現這一合作。我衷心希望,通過與中國國民的這些共同的工作,讓日中合作的美麗花朵開遍世界各地。

最後一個支柱,是相互理解和相互信賴。正因為我們是近鄰,所以往往彼此應看到對方不理解自己而產生煩燥的心態。應該如何相互看待對方這一基本認識,也似乎在發生著動搖。從日方來看,在很短的時間內取得長足發展的中國,一下子顯現在眼前,還沒有做好心裏準備,該怎麼和中國交往的這種疑念。而對中國而言,也同樣面對著在國際社會上力求承擔更大作用的日本也似乎產生著一種複雜的心態,我們需要為進一步加深相互理解而付出努力。人人都明白這個道理,但是實踐起來卻並非容易。為增進相互理解,首先需要彼此之間進行頻繁地交流。只有真正達到相互理解,才能建立起相互信賴。我認為,為了促成對話,理解信賴的良性迴圈,最有效的辦法就是加強以下三方面的交流,一是青少年交流,二是知識交流,三是安全保障領域的交流。特別重要的交流之一,就是開始於去年的日中之間的大規模的青少年交流項目。像你們這樣的年輕一代正是未來的希望,明天的日中關係也要靠你們來建設!政治、經濟固然重要,但為了構築長期穩定的日中關係,雙方要從展望五十年後,甚至一百年後的長遠角度,逐力培養能夠加強相互理解、尊重相互差異、相互學習的人才。

正如常言所說,“十年樹木,百年樹人”,培養人才需要堅持長期的努力!訪問日本的中國高中生回國的時候都異口同聲的說,日本並非想像的那樣,發現了全新的日本。他們通過耳聞目睹以及親身體會,消除了以往的成見或偏見,無疑增加了對日本的了解。同樣的,訪問過中國的日本高中生也是如此。一位日本男高中生在回憶起住宿過的中國家庭時,這樣說道:“通過非常愉快的家庭寄宿和學校交流,我感到中國高中生和日本高中生沒有什麼兩樣,大家是那樣的友愛,又是那麼的活潑,等他們和我們都長大成人的時候,我想真正的世界和平就會到來了,我從心裏感謝那些給予這次機會的人們。”

日中之間推進知識交流也是非常重要的。我認為,在日中兩國的年輕的學者之間,不僅就日中關係,而且還就廣大的國際形勢展開討論,有著重大的意義。也就是說,敏銳的察覺到世界動態和時代的變遷,從而把握日中關係發展的方向,需要具備這種視野。如果能通過日中合作,培養出具備國際視野的有識之士,造就出大批有助於解決地區及國際社會的各種人才,我相信日中兩國就會成為世界上值得自豪的夥伴。

正如在開頭所講的那樣,我真誠期望肩負中國未來的同學們多了解日本,多學一點有關日本的知識。為此,我願提出旨在加強北京大學對日交流的建議,也就是今天給我演講機會的北京大學。這項建議叫做“北京大學福田方案”,具體包括以下三點內容。

第一, 學術研討會。在今後的兩年裏,以聯合國改革援助第三國聯合國維和活動、環保節能等全球性課題為主,邀請北京大學學者赴日本參加研討會。

第二,明年從北京大學的同學們當中選拔100名學生,以及從附屬高中選拔50名學生分別到日本進行進修。

第三,繼續幫助日本研究中心的集中授課工作。

我由衷地期待,通過旨在加強對日交流的“福田方案”,雖然規模不是非常之大,但是我非常期望使大家中間能夠有更多的同學走上研究日本之路。

而關於安全保障領域的交流,不久前中國軍界首次訪問日本,這是一件對日中兩國具有劃時代意義的大事,令人感到非常高興。2008年,將輪到日本防衛大臣海上自衛隊訪問中國,安全保障是立國之本,也是直接關係到兩國國民感情的問題。也需要提高透明度,打消互不信任,消滅在萌芽之中,並培養起信賴的土壤。借於此,我認為有必要進一步促進安全保障和防衛領域的日中交流的對話的蓬勃開展,向雙方防務部門提供與對方的有識之士開展相互交流機會,促進廣泛領域的相互理解,這點是至關重要的。在此次首腦會談中已經就日中雙方將為些作出努力達成共識。以上我談的是日中兩國戰略互惠關係的戰略支柱。總而言之,我認為順應世界的潮流來指明日中關係的發展,開創這一未來的姿態是非常重要的。我堅信,只要日中兩國作為對國際社會富有責任的大國,著眼于國際大局,不辜負世界之期望,致力於互利合作國際共信法,那麼就可以逾越各自立場的不同,構築其相互理解和相互信賴,共創亞洲和世界的美好未來,從而成為富有創造性的夥伴。

以通過日中共同進行的創造性的事業,雙方建立起一種為全世界所依賴的關係。當我們想到這些,心中不就會充滿希望了嗎?我衷心希望日中兩國不應該相互挑剔差異,而應該成為面向共同目標,為世界攜手成為一對真正的朋友。我一邊對大家講這些,一邊再次深刻感受到政治家所肩負任務之重大,以及展現在同學們面前的無限的前途。今後,日中兩國關係之路或許不會總是那麼平坦,但是我認為越是在那樣的時候,面對那些雙方時而出現的情緒和狹隘的言論,我們政治家越是不能隨波逐流,把日中關係一步又一步紮實地向前推進。給大家留下開創亞洲和世界嶄新未來的道路,這也是我作為政治家的使命。把日中兩國聯繫在一起的不單是利益和利害關係。日中兩國是具有悠久交流歷史的鄰邦,不但有相通的文化及傳統,而且也有在交流過程中形成的相互依靠的基礎。比如說像日本在即將演變成接待國家時期的“明治維新”一詞,就可以追溯到中國的古代那裏。另外,今年文化體育交流年所開展的一系列交流活動,使雙方產生了一系列的共鳴,這不僅是因為兩國有共同基礎的緣故嗎?追求人權、法制、民主主義等,普遍價值固然重要,但是另一方面我認為,正是這種深深紮根于日中兩國的基礎和價值觀同樣重要。

我懷著這樣的心情,以及期望兩國國民更加珍惜日中兩國特別關係的願望。這次我還將訪問曲阜,中國偉大作家,也曾在北京大學任教的魯迅先生當年留學日本,與藤野先生等眾多日本人相識。我想這些人士的相識對以後中國的變化無疑產生巨大的影響。一想到這些相識,這恰如日中高中生交流給許多年輕人帶來了數不勝數的收穫。魯迅先生在他的作品《故鄉》當中這樣寫道:“希望,正如地上的路,其實地上本沒有路,走的人多了,也便成了路。”

我不再說了。同學們,讓我們共同前進,共同開拓,共同締造美好的未來吧。謝謝大家!

備註:上文輯錄自《中國網》,網址是:
http://big5.china.com.cn/zhibo/news/2007-12/28/content_9449370.htm,謹此鳴謝。

附註:根據《中國評論新聞網》(網址是:http://www.ChinaReviewNews.com) 分析,有關福田康夫在演講中所引《易經》「立則對」一句,有媒體報道,其意是:祇要你去做,或是贊同就是對的。「立」與「破」是對立的。不過,翻查《易經》,不論福田所講的是「立則對」(《中國評論新聞網》的譯文本) 或「利則對」 (《中國網》的譯文本),可能其實是發音近似的「麗澤,兌」。根據《周易.兌卦.象義》:「麗澤,兌。君子以朋友講習。」「麗澤」意爲兩澤相連,其水交流猶如君子朋友通過講會而交流認識、學說。其意義一:澤水相連,相互流通、相互滋益,象征喜悅;君子因此樂于結交良師益友相互講解道理、研習學業,這是人生最大的樂趣。其意義二:兩個澤水相連,滋潤萬物,所以萬物皆悅。雅帆未見原文,但傾向同意以「麗澤,兌」的意義一較合講辭原意。(以上備註部份資料引錄自《中國評論新聞網》,謹此鳴謝。)〔後記:根據日本外務省網頁提供福田首相演講全文的中文版本,確定應為「麗澤,兌」。2008年1月8日〕

〔後記:以上的中文譯文由中國傳媒網頁提供,與日文原文難免稍有出入,還望讀者見諒。讀者如有興趣閱讀官方發表福田首相的演講全文中文版本,可到訪日本外務省 (The Ministry of Foreign Affairs of Japan) 該文的網頁,網址是:http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/china/speech0712_c.pdf;至於日文版原文 (福田総理訪中スピーチ『共に未来を創ろう』),網址是:http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/19/efuk_1228.html;並有英文版本 (Forging the Future Together -Speech by H.E. Mr. Yasuo Fukuda, Prime Minister of Japan, at Peking University, Beijing, People’s Republic of China, December 28, 2007),網址是:http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/china/speech0712.html。2008年1月8日〕

福田康夫精彩答問北大學生

主持人:我們非常感謝福田首相充滿了智慧思想的講演。同時,我們也非常感謝福田首相提出的“福田計劃”來支援北京大學與日本的大學和青年學生的進一步的合作。讓我們再次以熱烈的掌聲感謝福田首相!下面,我們開始提問。

北大學生:尊敬的福田先生您好,我是來自北京大學05級物理學院的。剛才您曾多次提出,日本要加強發展同亞洲國家的關係,與中國的關係。您能不能具體說明一下,日方有沒有什麼具體的想法?另外,您能不能對比一下您的父親福田赳夫先生,對比一下你們兩個人的政治主張呢?

福田康夫:日中關係如何使它加以發展,關於這個問題具體怎麼辦,應該說這個問題是從多方面的,而且在諸多領域裏面已經開始了這種合作。如果逐一的舉例,恐怕花上今天一天的時間都不夠了。今天,溫家寶總理和我也談到了很多的話題,也就是說我們雙方的合作關係如何去發展、加強。它的具體內容當然是政治方面、經濟方面,再就是我們剛才一再提出的人員交流以及環境保護方面的交流等等,我們都談到了。

環境保護的問題應該說大家考慮未來的時候都很擔心的問題。我們如何對待這些問題,關於這些我們也談到了非常具體的一些內容。前面我也提到了,幸好的是,環境問題在比較早的時期日本就已經開始非常認真地對待了,我們也取得了一些成果。應該說現在在全世界(日本)是能源利用效率最高的一個國家。改善能源利用效率的技術,比如應該用什麼技術,該怎麼辦,我想這些事情我們有很多的經驗可以和中國方面進行交流和提供。我們準備邀請一萬名中國有關人士到日本來了解和學習這些方面的技術,我們也提出了這個想法。我們在諸多方面,在諸多領域來發展我們的關係。不僅對我們的雙邊關係有利,而且對中國能順利的發展,對日本的經濟、日本的社會,或者對日本的外交、政治等等方面都是有利的。

所以,目前中國正在付出很大的努力。我們日本一定要竭盡全力幫助中國。我不舉出具體的例子了,我想按照這個思路來說,剛剛提問的這位同學你也可以思考一下,讓我們大家一起思考,拜託大家了。還有一點,剛才問到我的父親的政策。我的父親“以和為貴”,這就是他政治上的信念,所以他不喜歡衝突。“角福戰爭”是日本比較激烈的政治交鋒,但是我們要以和為貴,大家要在友好的相處過程中共同發展,這就是基本的想法。

所以,大概三十年前,去年是“福田主義”被提出三十週年,日本絕不做軍事大國,而且和其他國家之間要開展心心相印的外交。那就是福田主義的精神,就是當年提出發表的這個主義。福田主義在東南亞國家被給予了很高的肯定,大家以前認為日本只是提供一些錢,給予援助,但是知道了這個主義的內容之後,友好相處,大家都接收了日本的做法。這是日本三十年前提出的主義,現在日本和東南亞的關係非常之好,心靈的交流。我們去訪問亞洲國家的時候,很多人提出了心和心的交流是非常重要的。現在心心相印的這種心靈的交流是非常重要的,所以我們時刻要想著心靈的交流,我認為這非常重要。我可能泛泛地講,比較籠統一些,但是基本是這樣的想法。

北大學生:福田首相,歡迎您來到北京,來到北京大學。首先我做一下自我介紹,我是北京大學外國語學院日語系研究生,碩士生二年級,我叫徐蓓。首先我代表北京大學的學生向您表示衷心的歡迎!下面我用中文來提問。大家都知道,中日已經締結的戰略互惠合作,在這個大的框架下,中日兩國未來在具體的哪些方面可以進行合作?日方對此有那些具體的計劃或者措施?謝謝。

福田康夫:謝謝您對我的歡迎,代表北京大學的大學生向我表示歡迎,非常感謝。你對我提出的問題就是戰略互惠關係,為此做什麼。我想這兩位同學的問題比較相似,內容比較相近,那就是:是不是女性之間的互惠關係嗎?我想,因為您的日語講得非常好,所以希望你到日本來,到日本的大學學習。日本婦女在社會上的活動可能與中國相比要落後要滯後。你到日本就向日本介紹說,中國是這樣的,婦女能夠在社會上發揮這樣的才幹,生孩子,還能繼續工作,而且收入也很高。我希望你到日本宣傳一下,這就是互惠呀!你在日本學習,而且,還要把你作為一個婦女在中國的地位和在中國的立場到日本做宣傳,現在日本也在致力於提高婦女地位,在這一點上我們應該向中國學習,希望你能夠到日本多多傳授這方面的經驗。

主持人:因為時間的關係,我們再有一個問題。

北大學生:福田康夫先生你好,我是北京大學經濟學院四年級本科生,歡迎您來到中國,來到北大。就像您剛才的演講中提到過的,您將這次中國之行成為迎春之旅。那麼我想問一下,您認為此次來華已經取得了,或者即將取得那些成果?謝謝。

福田康夫:我今天和溫家寶總理會見了很長時間,可能超過了兩個小時,非常坦承地互相直言不諱地交換了意見。而且我認為,當然不是所有的方面,幾乎在大部分的主要方面都達成了共識,這是非常好的結果。我們能夠達成共識,達成一致的事情必須付諸實現,我們要把它落實,要能夠兌現。在我們的這種交流對話當中,有很多細緻的問題。這些一個一個的問題,就是要通過進一步的加強日中關係。通過加強日中關係,兩國的關係加在一起變成更大的關係,為亞洲,為世界能夠做出更大的貢獻。我想這是一個非常大的理想,你們是不是認為這是一個非常好的崇高的理想?如果構築這樣的日中關係,那麼亞洲的日本和中國將不僅僅是為亞洲,而且能夠為全世界帶來好處就好了。

我想,希望大家能夠理解這一點,也希望你們年輕的一代更多的考慮日中今後應該如何開展合作,建立什麼樣的關係。不僅僅是講到今天為止的關係,而且是今後應該如何做,這是賦予我們的非常大的責任和義務。所以,我們希望今天在座的每一個同學都參與到這個裏面來。年輕的一代,你們是創造未來的,包括環境問題,在我有生之際這個可能不能克服,但是你們到了像我這樣的年紀,如果北極的冰全都消融了,那這是不可能的事情。為了你們的未來,你們要覺醒,要採取行動才行。這些事情呢,光靠你們不行,光靠日本也不行,必須我們攜起手來共同努力才能解決這些問題。那麼我想和你們一起來解決這些問題,所以我們才要開展兩國的青少年交流,雖然是非常微薄的事情,但是開展福田計劃的原因也在於此。

備註:上文福田與北大學生對話輯錄自《中國網》,網址是:
http://big5.china.com.cn/zhibo/news/2007-12/28/content_9449744.htm,謹此鳴謝。

這篇文章發表 於 星期二, 一月 1st, 2008 3:35 上午 在 國際視野 A Global View. 你可以回應這篇文章透過 RSS 2.0 feed. 你可以 留下回覆, 或 引用 從你的個人網站.

One comment

雅帆
 1 

雅帆從日本外務省網頁(網址是:http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/19/efuk_1228.html),下載了官方發表福田首相在北京大學演講的日文版原文,立此存照,亦可方便各讀者向日本籍朋友推介閱讀。

福田総理訪中スピーチ『共に未来を創ろう』

尊敬する唐家セン国務委員
尊敬する許智宏北京大学学長
並びに御在席の皆様

1.はじめに

新年を迎えるにあたり、“福”田が来ました。

本日、由緒あるここ北京大学において、中国の次の世代を担う皆さんの前でお話ができることを大変楽しみにしてきました。

北京大学は、中国における最高学府として、その教育水準は国際的にも高い評価を受けています。北京大学では数多くの日本からの留学生も学んでおり、また私の母校である早稲田大学と北京大学との間でも、長年にわたり活発な交流が行われていると聞き、大変嬉しく思います。後ほど詳しく述べたいと思いますが、私はこの機会に、明日の中国を支える皆さんにもっと日本を知って欲しい、日本について学んで欲しいとの願いから、北京大学における日本研究や対日交流強化のためのプランを提供したいと思います。

それでは、これから少々お時間をいただいて、日本と中国との関係について、日頃私が考えていることをお話ししたいと思います。

2.今次訪中の狙い

今回、私が中国を訪れた目的は、昨年秋以来、力強い足取りで発展しつつある日中関係の基盤をより強く踏み固め、その関係を新しい段階に引き上げたい、そういうことにあります。「日中関係にとって、平和友好以外の選択肢はあり得ない」。この日中平和友好条約締結時の理念は、30年にわたる時を超えて日中友好の基本として息づいております。

日中平和友好条約の締結から時間が経ちましたが、日中両国は、政治、経済などの分野において、世界の主要国としての地位を占めるに至っています。歴史上、日中両国が共に、今ほどアジアや世界の安定と発展に貢献できる力を持ったことはないでしょう。

日中両国がこうした未曾有のチャンスに直面する中で、私が、今回の訪中を通じて中国のすべての皆さんにお伝えしたいのは、「日中両国は、アジア及び世界の良き未来を築き上げていく創造的パートナーたるべし」、という私の強い信念です。

今回の訪問に先立ち、東京で中国メディアの代表団の方々とお会いする機会がありました。その折に私は、日中関係に今再び春が訪れつつあるとお話ししました。私の目には、新しい日中関係を作りたいという「思い」の萌芽が、両国のそこかしこに見えているからです。

この度の私の中国訪問は迎春の旅です。中国では、「厳冬の梅花、桜花を伴って開く」と言うと聞いています。今回の訪問を通じて梅の花を咲かせ、春爛漫の桜の頃に胡錦濤国家主席をお迎えできることを楽しみにしています。

3.かけがえのない日中関係

皆さんは、海を隔てた隣人であり、また、2千年の長きに及ぶ交流の歴史がある日本と中国の関係についてどのようにお考えでしょうか。温家宝総理は、本年4月の訪日の折、わが国の国会において、「歴史を鑑(かがみ)とすることを強調するのは、恨みを抱え続けるためではなく、歴史の教訓を銘記してよりよい未来を切り開いていくためだ」と仰いました。私は、この温総理の発言を厳粛な気持ちで受け止めました。長い歴史の中で、この様に不幸な時期があっても、これをしっかりと直視して、子孫に伝えていくことがわれわれの責務であると考えています。戦後、自由と民主の国として再生したわが国は、一貫して平和国家としての道を歩み、国際社会に協力してきたことを誇りに思っています。しかし、そうした誇りは、自らの過ちに対する反省と、被害者の気持ちを慮る謙虚さを伴ったものでなくてはならないと思います。過去をきちんと見据え、反省すべき点は反省する勇気と英知があって、はじめて将来に誤り無きを期すことが可能になると考えます。

同時に、日中の長い歴史を俯瞰するとき、より長い、長い、実り多い豊かな交流があったことを忘れてはならないと思います。

さて、歴史的な国交正常化から既に一世代が過ぎた日中両国の関係は、両国を取り巻く国際情勢の変化とも相俟って、大きな変貌を遂げております。そのような中、私たちは互いの関係をどのように捉え、どのように構築していくべきなのでしょうか。

中国では、1978年に改革開放政策に踏み出し、国内制度の大胆な改革と対外開放を積極的に推進してきました。2001年にはWTO加盟も実現し、今や世界第4位のGDP、世界第3位の貿易額を有する、国際経済の枢要なプレイヤーとなっています。その飛躍的な経済発展は、日本はもちろん、アジアや世界に大きな利益をもたらしています。また政治面においても、中国は国際社会において、従来以上にその存在感と影響力を高めており、地域や国際社会の諸課題に関心を持ち、行動し、発言をされています。

一方、我が国は、経済発展及び民生の向上に努力し、成果を挙げてきました。その過程において、長期にわたる経済成長期とバブル経済の崩壊を経験しましたが、日本経済の基礎には強固なものがあり、依然として米国に次ぐ経済規模を誇っています。また政治的にも、これまで以上に国際社会に対して自からの考えをはっきりと主張し、国際協力をより積極的に行っております。

日中両国は、それぞれの発展の過程で、互いに様々な交流や協力を深め、過去に例がないほど緊密な関係を築いています。総理として日中平和友好条約締結に携わった私の父・福田赳夫の言葉を借りれば、日中共同声明によって両国間に「吊り橋」が架けられ、日中平和友好条約によって「鉄橋」が作られたわけです。以来、この日中の架け橋を多くの両国国民が渡り続け、今や日中間の往来は年間5百万人近くにまで達しています。経済面においても、両国の貿易総額は年間2千億ドルを超え、日本は中国にとって最大の投資国となっています。来年は「日中青少年友好交流年」であり、ここ北京では待望のオリンピックも開催されます。このような日中交流の勢いを更に加速させ、私は、日中平和友好条約の締結から30周年を迎える2008年を、日中関係飛躍元年にしたいと考えています。

4.責任とチャンス

一方で、世界の潮流や時代の大局を踏まえた時、日中両国は互いの友好のみに安住する国であってはなりません。皆さんも実感しておられると思いますが、今や日中両国は、変化の著しいアジア地域そして世界全体の安定と発展の行方を左右する大きな存在となりました。世界中が私たちに注目し、また期待をしています。日中両国の将来は、協力か対立かといった問いかけではなく、如何に効果的に、かつ、責任ある形で協力するかを問われているのです。その意味で、「戦略的互恵関係」の構築という考えは、時代の流れが求めているものです。

時代の流れ、世界の潮流を見極めながら、日中両国は、互いの政治的、経済的重要性を真正面から見据え、地域や国際社会における諸課題の解決のために如何に協力できるかを議論すべき時が来ているのです。易経に「麗澤は兌なり」とあります。日中という二つの澤が周辺の地域に潤いをもたらすことになればよいと思います。

このように、日中両国がアジアや世界の安定と発展に貢献できる能力を持つに至ったことは、両国にとって大きなチャンスです。両国が多くの問題について共通の利益を有し、共有する目標、共通のルールが増えつつあることも、そのチャンスを活かす上で重要な変化と言えます。WTOのような国際経済のルールは言うまでもなく、透明性向上や説明責任遂行といった、いずれの政府にも課された国際的な義務を共に履行していければ、対話や協力は一層深まっていくはずです。

一方で、両国間には依然として克服すべき課題も存在しています。日中という大国同士の間において、全ての問題で考え方や立場が一致することはあり得ません。そうした相違点を冷静に議論し、共に対応していくことが不可欠です。しかし、現実には相互理解や相互信頼がまだまだ足りないことから、「何故相手は自分の気持ちを理解できないのか」と不満に思った経験を持つ方々は、日本にも中国にも数多くおられるでしょう。日中関係の歴史や様々な経緯、さらには、私たちを取り巻く国際情勢の大きな流れに思いを致さない大局観の欠如、或いは、折々の感情に流されて事を進める危険性についても、指摘しておかなければなりません。

こうした課題に直面して大切なことは、互いに真摯に話し合い、相互理解を深めつつ、違いは違いとして認め合いながら、ありのままの相手を理解するよう努めることです。「知るを知ると為し、知らざるを知らずと為す。これ知るなり」です。その上で両国に跨る共通の利益に目を向け、これを広げていくということではないでしょうか。双方が共有する目標を見失うことなく、共に解決の途を探っていく姿勢が重要だと思います。

5.「戦略的互恵関係」の3つの柱

互いがより対話を深められるという大きなチャンスを活かし、課題を克服するために、そして日中両国の大事な責任を共に果たすための関係が、「戦略的互恵関係」です。その核となる3つの柱、すなわち「互恵協力」、「国際貢献」、「相互理解・相互信頼」についてお話ししたいと思います。

(1)「互恵協力」

「戦略的互恵関係」の第一の柱は「互恵協力」です。

日中間の相互依存関係がますます深まりつつある現在、中国の順調な発展は、日本の発展にも大きく関わる問題です。この観点から、これまでの30年間、日本は中国の改革開放に向けた努力に対し、政府開発援助(ODA)の供与をはじめ、官民あげて支援、協力してきました。さらに、中国のWTOへの加盟についても、日本政府は早くからこれを支持しました。その背景には、日本国民の側においても、中国の改革開放の努力を支援することが、中国の将来のためのみならず、日本、ひいてはアジアや世界のためにも正しい選択であるという強い確信がありました。2008年は改革開放政策30周年という記念すべき年であり、このような年に北京においてオリンピックが開催されることは、中国が新たな発展の段階に入ったという意味で、誠に象徴的なことです。私は、心からお祝いすると同時に、成功裡に開催されることを、改めて強く期待をしております。

一方、中国では、このたびの党大会でも指摘されているように、急速な発展の「陰」の部分も顕在化してきました。よく言われる環境の悪化、沿海都市と内陸部の格差の拡大などがその例としてあげられます。

環境をめぐる問題は、日本自身が1970年代に手痛い経験をしました。日本経済が高度成長を遂げる中で、水俣病、イタイイタイ病、四日市喘息をはじめとする四大公害とも称した程の公害問題が発生し、深刻な社会問題となりました。ほぼ同時期にオイルショックにも襲われ、省エネルギーへの真剣な取り組みも余儀なくされました。

また、「社会主義国以上に社会主義的である」、といわれるほどの平等社会であったわが国ですが、最近ではグローバリゼーションが進む中でじわじわと格差問題が深刻化しています。

本日私は温家宝総理から、このような問題に対応するため、中国が現在推進している「科学的発展観」を貫徹する中での「和諧社会」の実現という目標に対する、強い決意を伺いました。今後、中国側と相談しながら、日本として、改革開放支援から「和諧社会」実現のための協力に軸足を移していきたいと考えます。そうすることにより中国が安定、発展することは、友人であり隣国である日本としても、とても喜ばしいことだからです。

その中で、とりわけ重要な分野は、環境・省エネ分野だと考えています。日本自身が経験した公害および、それへの対応など、私たちの成功と失敗の経験を、中国の皆さんの参考にしていただきたいと思います。いま、日本は、世界に誇り得る省エネ技術を持っております。私は、本日の首脳会談において、日中間での環境協力を推し進めるため、情報発信やネットワーキングを目的とした「日中環境情報プラザ」や「省エネ・環境協力相談センター」を中国国内に設置することを提案し、中国側からも賛同を得ました。また、3年間で1万人規模の環境・省エネ研修を行う考えであり、多くの中国の専門家や実務者を日本にお呼びし、我々の経験を共有して頂きたいと思います。

さて、互恵協力を発展させるためには、知的財産権保護の強化も必要であります。これは、決して日中「対立」のテーマではなく、両国の発展につながる日中「協力」のテーマです。とりわけ模倣品・海賊版対策の強化は、経済の健全な発展、市民の安全・安心確保の観点から、日中が協力して効果的に対応していかなければなりません。国際社会における責務を果たすためには、官民が連携してイニシアティブを発揮し、知財保護に前向きな国家としての姿勢を示すことが大切です。

先日、北京において、日中双方の関係閣僚による第1回日中ハイレベル経済対話が開催され、環境保護、知的財産権保護、更には貿易、投資、国際経済などの分野での意義ある対話がなされました。互恵協力の精神の下で、こうした対話をさらに進めていきたいと考えており、今後、対話の中から、日中間の協力が一つ一つ具体化されていくことを強く期待します。

(2)「国際貢献」

「戦略的互恵関係」の第二の柱が、「国際貢献」です。

ヒト、モノ、カネ、情報など、あらゆるものが易々と国境を越える「ボーダーレスの時代」は、発展と連携のチャンスであるだけではなく、金融危機の連鎖や感染症の拡散など、様々なリスクをもたらすことを私たちは知っています。そこで日中両国政府は、手を携えてチャンスを拡大し、リスクを抑制しなければなりません。そのために両国は、狭い意味での日中関係だけを扱うことに埋没することなく、互いに視野を、両国関係の地平線の彼方に広げ、世界の潮流に沿った形でアジア、ひいては世界の安定と発展のために協力していく必要があります。ここで、私が考えるいくつかの問題を例示してみたいと思います。

まず、テロとの闘いについて申し上げます。昨日、パキスタンでブットー元首相が亡くなられました。テロ行為は如何なる理由によっても正当化されるものではなく、今回の卑劣なテロ行為を断固として非難すると共に、ブットー元首相をはじめ犠牲になられた方々に心からのお悔やみを申し上げます。テロとの闘いは、日中両国を含め国際社会にとって共通の課題です。こうした面でも日中の連携が一層進むことを希望しています。

次に気候変動の問題です。気候変動は、今や国際社会が直面する最も重要な課題です。私たちの子孫に対して、如何に誠実に責任を果たすかという問題でもあります。日中双方が相手の立場を理解した上で、責任ある主要国として協力しつつ、その解決に向けて最大限の努力を行っていくことが大切です。今や巨大な国際的プレイヤーである中国が、気候変動の国際的枠組に積極的に参加することが、この問題解決のために必要不可欠であることを改めて強調したいと思います。

また、北東アジアの平和と安全を考える時、喫緊の課題は北朝鮮をめぐる問題です。私たちは、最近の朝鮮半島の非核化プロセスにおける一定の進展を評価していますが、現在、このプロセスを更に進めて、北東アジアの平和と安定をより確固としたものにし得るか否かの重要な岐路に立っております。また、この非核化の問題とともに、拉致やミサイル等の問題を解決し、不幸な過去を清算して、もって北朝鮮との関係を正常なものにしたいと考えています。私は、このために日朝対話を強化していく考えです。この関係で、六者会合の議長国として問題解決に向けて重要な役割を果たされている中国と、より緊密に連携・協力していきます。

さらに、国際社会の平和と安全に係る問題として、安保理を含む国連の改革も挙げられます。特に、戦後60年以上を経た国際社会の変遷にあわせる形で安保理を改革し、益々重くなるその役割を実効ある形で果たすようにすることは、国際社会全体にとっての課題です。この面でも是非対話を緊密にし、日中が協力して改革を進めたいと思っています。

アフリカは、引き続き厳しい現実に直面しています。サハラ以南のアフリカでは、疫病、栄養失調などが原因で、5歳の誕生日を迎えずに死んでしまう子供が1,000人中166人にものぼります。来年5月、日本政府は、アフリカの開発のための戦略や具体的な施策について話し合うため、「元気なアフリカを目指して」を基本メッセージとし、横浜で第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)を開催します。中国も、アフリカの大地における開発への取組について、対話を始められたと承知しています。そこで、日中がアフリカの持続的成長を助け、貧困から救うという共通の目標に向け共に行動し、相協力することができれば、とても素晴らしいと思いますし、ぜひ実現したいと考えております。

私は、中国の皆さんとの、こうした共同作業を通じて、世界中で日中協力の大輪の花を咲かせたいと心から願っています。

(3)「相互理解・相互信頼」

最後の第三の柱は、「相互理解・相互信頼」です。

近い国同士であるからこそ、互いに何故相手は自分のことをよく分かってくれないのか、という苛立ちが生じがちです。互いを如何に理解すべきか、という基本的な認識が揺らいでいるようにも見えます。極めて短期間に大きな発展を遂げた中国に対して、日本側では、どのようにお付き合いすべきか心の準備ができていない面があります。一方、中国側でも、日本が、国際社会においてより大きな政治的役割を求めていることに対して、複雑な感情があるように見受けられます。

私たちは、改めて相互理解を深める努力が必要です。これは誰もが分かっていることですが、実践するとなると、なかなか容易なことではありません。相互理解を進めるには、まずは彼我の間の活発な交流が必要です。そして真の相互理解があってこそ、初めて相互信頼を打ち立てることができます。私は、3つの交流、すなわち、1)青少年交流、2)知的交流、3)安全保障分野での交流、これらを強化していくことが、対話・理解・信頼という好循環を生み出す最善策であると考えています。

特に大切な交流の一つに、昨年から日中間で始まった大規模な青少年交流事業があります。皆さんのような若い方々こそ未来の希望です。明日の日中関係を作るのは皆さんです。政治も経済も当然重要ですが、将来にわたり安定した日中関係を築いていくためには、今後50年、100年先といった長期的観点に立って、互いに理解を深め、互いの違いを尊重し、共に学び合っていく「人」を日中双方に育てることが大切です。そして「十年樹木、百年樹人」といわれるように人を育てるには息の長い努力が必要です。

中国から日本に来た高校生たちは、皆口々に「想像していた日本と違う」、「新しい日本を発見した」と言って帰国していきます。自分の目で見、耳で聞き、体感することで、それまでの先入観や偏見が消え、日本に対する理解が深まったことは間違いありません。

これは、中国を訪問した日本の高校生にとっても同じことでしょう。ある日本の高校生の男の子は、中国におけるホームステイ先のホストファミリーとの思い出をこう語っています。

「とても楽しかったホームステイと学校交流を通して、中国の高校生も日本の高校生も同じだなあと思いました。とっても優しく、とっても賑やかで、この人たちが大人になって僕たちが大人になった頃、本当の意味での『世界平和』が訪れるのだと思います。このような機会を与えて下さった方々に、心から感謝したいです。」

日中間で知的交流を進めていくことも大切です。日中の若手研究者同士が、日中関係だけでなく、幅広く国際情勢について議論することは大いに意義のあることです。世界がどう動いているか、時代はどう変わりつつあるかを敏感に感じ取り、日中関係を方向付けていくという視点が大切です。日中が協力し、国際的視野に立った有識者を育成し、地域や国際社会の諸課題解決のために、共に貢献する人材を輩出していけば、日中両国は世界に誇り得るパートナーになれると信じています。

そのためにも、冒頭で申し上げたとおり、私は、明日の中国を支える皆さんにもっと日本を知って欲しい、日本について学んで欲しい。そのため、中国における高等教育の拠点との交流を進めていきたいと思います。まずは、本日講演の機会をいただいた、ここ北京大学における対日交流強化のためのささやかなプランを提案したいと思います。この「北京大学における福田プラン」、ささやかではありますが、具体的には次の3つの内容を考えています。

一つ目は、シンポジウムの実施です。今後2年間、国連改革、第三国援助、PKO活動、環境・エネルギーといったグローバルな課題をテーマとして、北京大学研究者を日本に招聘し、シンポジウムを実施していきたいと考えています。二つ目は、来年、北京大学の皆さんの中から100名を、また付属高校から50名を日本にお呼びし、研修を実施します。最後の三つ目は、日本研究センターにおける、集中講義支援を継続していきます。こうした対日交流強化のための「北京大学における福田プラン」を通じて、皆さんの中から一人でも多くの人が日本研究の道に進まれることを、心から期待しています。

安全保障分野の交流について言えば、先日初めての中国艦艇の日本訪問が実現したことは、日中両国にとって画期的な出来事であり、嬉しく思います。2008年は日本の防衛大臣、海上自衛隊の艦艇が中国を訪れる番です。安全保障は国家存立の根幹であり、両国の国民感情にも直結する問題です。透明性を高めることを通じ、相互不信の芽を摘み、信頼醸成を育くむことが求められます。そのためには、安全保障や防衛の分野で、日中の交流や対話を一層活発化させていく必要があります。双方の防衛関係者が相手国の有識者、民間人とも接する機会を設け幅広い相互理解を促進することが重要であり、日中双方がその努力を行うことにつき首脳会談でも一致したところです。

6.アジアと世界の良き未来を創造するために

以上、日中両国の「戦略的互恵関係」の三つの柱についてお話しして参りましたが、総論として私は、日中関係を世界の潮流・大義に沿って方向付け、未来を創造していくという姿勢が大切だと思っています。日中両国が国際社会に責任を持つ大国として、世界の大局を見据え、世界の期待に応えながら、「互恵協力」及び「国際貢献」に努めるならば、互いの立場の違いを乗り越え、「相互理解・相互信頼」を築くことは可能であり、そうすることで、アジアと世界の良き未来を共に創造していける、創造的パートナーたり得ると確信します。創造的な仕事を日中両国が共同で行うことにより、世界中から頼りにされる関係を築き上げていく、そう考えると、大きな希望が湧き起こりませんか? 違いをあげつらうのではなく、共に同じ目標に向かって、世界のために手を携えていく、日中両国はそんな真の友人でありたいと、心から願っております。

7.結語

私は、これまで皆さんにお話しながら、改めて私たち政治家が果たすべき役割の重さ、そして皆さんの目前に広がる無限の可能性をひしひしと感じています。これからも、日本と中国との関係は必ずしも平坦な道ばかりではないかもしれません。そのような時にこそ、私たち政治家は、双方で起こりがちな折々の感情的な言論に流されることなく、世界の潮流や大義に沿って、しっかりと日中関係を一歩、また一歩と、着実に前に進めていかなければならないと思います。アジアと世界の新しい未来を創造していく、その道筋を皆さんに残していくことが、私の政治家としての使命でもあると考えています。

日中両国は、単に利益・利害だけで結びついている存在ではありません。日中両国は長い交流の歴史を持つ隣国であり、互いの文化や伝統を共有し、その中で互いに拠って立つ基盤を共有してきました。例えば、日本が近代国家の歩みを始めた「明治維新」という言葉にしても、そのルーツを中国の古典に求めることができます。また、本年、「文化・スポーツ交流年」を通じて繰り広げられた多くの交流活動が、双方の強い共感を生んだのも、両国に共通の基盤があるからではないでしょうか。

人権、法治、民主主義といった普遍的価値を共に追求することも重要です。一方で、私は日中両国に深く埋め込まれた共通の基盤、価値に思いを致すことも大切だと考えます。こうした思いを胸に、また両国国民に日中関係の特別な関係を思い起こしてもらいたいとの気持ちを抱きつつ、私は今回、曲阜を訪れます。

中国の偉大な作家であり、この北京大学で教鞭をとった魯迅は、かつて日本に留学し、そこで藤野先生をはじめとする多くの日本人と出会いました。このような出会いは、その後の中国の変化に大きな影響を与えたに違いありません。ちょうど、日中の高校生交流により、多くの若者が数え切れないほどの収穫を得たようにです。魯迅は、その作品『故郷』の中で、次のように書いています。

「思うに希望とは地上の道のようなものである、もともと地上には道はない、歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」

皆さん、共に歩き、共に道を造り、共に私たちの未来を創り上げていこうではありませんか。

ありがとうございました。

一月 8th, 2008 at 2:04 上午

留下回覆

Name
Mail (will not be published)
URI
廻響